極上色落ちジーンズは自分で育てる。

 

 

ジーンズの色落ちって、本当にカッコいいですよね。 

自分で濃紺デニムから履く場合、どうすれば「極上の色落ち」で仕上げる事が出来るのか。

 

10年以上色んな色落ちで仕上がったジーンズを何万本も見てきた、プロの視点から、そのやり方を伝授します。

 

 

このように、いいジーンズを正しく履くと、自分にしか出せない模様が浮かび上がるのが、ジーンズ好きにとっては最高の楽しみです。

 

 

①ジーンズの選び方(色落ちの仕組み)

②洗濯の仕方

③保管方法(裏ワザ)

 

 

この3つを大切にすれば、意外と簡単に楽しむ事が出来るのも、ジーンズの良さです。

 

 


①ジーンズの選び方

 

 

 

これで、ほとんどが決まってしまいます。

 

 

・日本製のデニム生地を使用しているか

・色落ちに詳しいブランドなのか

・セルビッジデニム(耳がついている物で、14oz程度がおすすめ)

 

 

ここを抑えれば、まずは大丈夫です。

 

 

 

 

 

その仕組みを解説しましょう。

 

 

 

 

 

実店舗があった頃に撮影した私のひざ裏です。

凹凸が出ているのが分かるでしょうか。

この凹凸がジーンズに癖づく最初の段階が大事になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「色落ち」と呼ぶので、勘違されるかも知れませんが、実は、色が抜けている訳ではありません。

 

 

ジーンズに使う綿の糸は、「ロープ染色」と言って、中心部分は白いままで完成しています。

 この染色に、日本の純度の高い水という資源が、大きく関わってきます。

 

 

 

不純物が含まれている割合が大きくなると、中心部分も染まってしまったり、汚れてしまうので、調整が出来ないのです。

私たちからすれば、当たり前に純度の高い真水が手に入りますが、世界では比較的、珍しい事なのです。

この豊かな資源は、恵まれた土壌を持つ日本だからこそ、

世界から注目される純度の高い水を使って染色された”高級デニム生地”が出来上がります。

 

 

大切にしていきたい「JAPAN BRAND」ですね。

 

 

綿というのは、綿花の”わた”を紡いで作っていますので、少しずつ、ほつれていきます。

摩擦の受けやすい表面が少しずつ摩耗していき、中の白い部分が見えてくるようになります。

 

 

 

それが、「ジーンズの色落ち」と呼ばれ、履くほどに自分だけのジーンズに仕上がっていくのです。

 

 

 

 最初は、黒く見える程に濃紺だったジーンズも、洗濯や湿気などの作用で、ねじれたり、

縫い糸(ステッチ)が縮んだりして、裾のような模様が浮かび上がったり、

様々な作用によって模様のように仕上がり、カッコよく成長していきます。

 

 

 

このひざ裏の色落ちを、ハチノスと呼びます。

当店のオリジナルブランドの名前の由来です。

 

 

履いている内に、負荷がかかる部分と、かからない部分で、生地に差ができ、凹凸が出来ていくんです。

この高低差や、よく触れる部分と触れない部分の差が 模様を生み出していきます。

 

 

いい生地を使っている物を履かないと、中心部の綿糸が弱いので、すぐにヘタってしまい

この模様が浮かび上がった時に、これをキープ出来ないんです。

 

 

②洗濯のしかた

 

 

ジーンズの色落ちを楽しむハードルを上げているのが、この「洗濯の仕方」だと私は考えるのですが、

10年間以上、何万本洗っただろうと思う程に、様々なジーンズを洗濯し、干してきましたが

最終的には、ある結論に達しました。

 

 

 

いい染め方をした、いい生地を使用した、色の落ちにくいジーンズを、

普通に履いて、定期的に洗濯機で裏返して洗濯する方が、ジーンズ自体の”持ち”も良く、

長く愛用する事が出来ます。

 

 

いいデニム生地を使用したジーンズって、なかなか色が落ちないんですよ。

すごく持ちがいいんです。

裏返して洗います。漂白剤が入っていなければ洗剤を使っても大丈夫です。

出来れば、大自然の水を汚さないような、天然系の洗濯石鹸などを使っていると、より紳士ですよね。

 

 

たまに臭い程に洗濯しない人もいらっしゃいますが、匂いがするという事はバクテリアが繁殖していて、

綿を腐食させているので、生地が弱り、ジーンズの寿命を縮めてしまいます。

 

 

私の場合は、ジーンズの伸縮を感じながら、

「あ、ちょっと伸びてきたな」と感じたら裏返して洗います。

そして足にフィットさせていきます。

 

 

ジーンズに凹凸が出てくる初期段階を超えると、普通に洗濯する方が良いと思います。

そして、裏返したままベランダで干します。

 

 

③保管の仕方

  

 

 

これね、本当に笑われるんですけども、笑わないでください(笑)

写真のように、脱いだまま放置するのが一番いいと思うのですが、さすがに笑われますので、

凹凸が伸びてしまわないように、ゆるやかにたたみ、タンスに入れて保管すればいいと思います。

 

 

 

凹凸がジーンズに記憶されていくので、履けばまた同じ部分がテンションを受け、色の差が生まれます。

なので、初期段階だけ気を付ければ後は普通に履いて大丈夫です。

 

 

 

 

大切な事は

①ジーンズ選び

②色落ちは「色抜け」ではなくダメージ。

③凸凹を大事にする

 

 

 

これであなたも極上の色落ちジーンズを育てる事が出来ます。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、私です。

 

 

 毎年、新しいジーンズを卸すのが楽しみです。